翌日になって出社したところ、同僚から話し掛けられました。
「なんだメアド変えたのか?」
「うん、迷惑メールが頻繁に届くようになって処理しきれなくなっちゃったんだよ」
やれやれといった表情を浮かべながら彼に事の真相を伝えていきました。
「もしかしてエッチな掲示板とか使わなかったか?」
なぜだかズバリ当てられてしまって、顔が引きつってしまいました。
「なんでそんなこと分るの?」
「それは仕事が終わってからゆっくり話すよ」
仕事は何かと忙しいものですから、ゆっくり話すこともできず結局は仕事帰りまで彼の話を待つことになりました。
いつものように夕食を兼ねて居酒屋に入って酒を酌み交わしてきました。
「なんであの事わかったのよ」
「いやいやよくある話だからだよ(笑)、いったいなに利用しちゃったの?」
「あんまり欲求不満だったから、セフレ掲示板を使ってメールを送ってみたんだよね」
「それが原因で迷惑メールだと思うよ」
「やっぱりそうかは、ハッキングとかされてたのかな掲示板が」
「いやいや違う違う、そこに書き込みをしていた奴が悪質な存在だったんだよ」

こう言われて驚いてしまったんです。
てっきり掲示板自体がハッカーにやられていると考えていたからです。
しかし、その掲示板に投稿しているもの自体が悪質な人間と言う事を指摘されて考えてみれば妥当な考えだと思ってしまいました。
「メールアドレスを抜き取ったりするような悪意のある人間は少なくないからね」
そう言われて、気軽に自分の本アドを晒してしまったことに対して、後悔の念が押し寄せてきたのです。
今まであまり迷惑メールの被害とか受けた事がありませんでしたから、注意力が足りなくなってしまっていたかもしれません。
それにセックスができると思っていたから、冷静に物事を考えることができなかったのかも…。